サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)の求人 | 介護のお仕事

サービス付き高齢者向け住宅はどんな職場?

サービス付き高齢者向け住宅の特徴

サービス付き高齢者向け住宅は、「サ高住」とも呼ばれ、「高齢者住まい法」の改正により創設された高齢者の安心を支えるサービスを提供するバリアフリー構造の住宅です。
この制度は、高齢者が安心して生活できる住まいづくりを推進するために制定されました。

高齢者向けの住宅のため、対象者は高齢者で、「高齢者住まい法」により入居条件が定められています。
1.60歳以上の者
2.介護保険法に規定する要介護認定もしくは要支援認定を受けている60歳未満の者

建物はバリアフリー構造で、各専用部分の床面積は原則25㎡以上、専用部分には台所、水洗便所、収納設備、洗面設備、浴室を備えています。
ケアの専門家が少なくとも日中建物に常駐し、安否確認と生活相談サービスが提供されます。
安否確認と生活相談サービスは必須であり、その他の生活支援や介護・医療サービスを提供するサ高住もあります。
契約は、賃貸借方式と利用権方式がありますが、いずれの場合も、長期入院などを理由に事業者から一方的に解約できません。

有料老人ホームとの違い

●サービス付き高齢者向け住宅
高齢者向けの賃貸住宅で、主に賃貸借契約
安否確認、生活相談サービスの提供は必須で、事業者により、介護や生活支援サービスがある
居室面積は、原則25㎡以上
入居一時金の徴収は不可

○有料老人ホーム
高齢者向けの居住施設で、主に利用権契約
「入浴・排泄・食事の介護」「食事の提供」「洗濯・清掃等の家事」「健康管理」のいずれかを提供
居室面積は、施設により異なる
入居一時金の徴収が可能

サービス付き高齢者向け住宅の数

○サービス付き高齢向け住宅の登録状況(2014年11月時点)
5,070棟・163,160戸

○都道府県別登録状況(2014年11月時点)
1位 大阪府 413棟・16,714戸
2位 北海道 313棟・12,001戸
3位 埼玉県 262棟・9,336戸
※『サービス付き高齢者向け住宅情報提供システムHP』参照

サービス付き高齢者向け住宅の就業条件

勤務は24時間交代制で夜勤がありますが、夜勤がない会社もあります。
また、管理職になると日勤のみの勤務に変わることがあります。
休日は週休2日制を採用していることが多く、年間休日数は110日前後となっています。
待遇面は、社会保険完備、資格手当や夜勤手当等の各種手当、昇給・賞与ありの会社が大半を占めています。
就業するにはヘルパー2級以上の資格が必要ですが、管理職の場合は資格の他に、実務経験やマネジメント経験が求められます。

サービス付き高齢者向け住宅の入居者

「60歳以上の高齢者」または「要介護・要支援認定者およびその同居者」が基本条件となります。
また、施設によっては自立~軽度の要介護の人のみとしていたり、認知症の方を受け入れていない事業所もあります。

サービス付き高齢者向け住宅の仕事内容

安否確認サービスと生活相談サービスを、すべての入居者に対して(強制的に)提供することがメインとなります。
介護サービスについては、事業所にもよりますが、入浴・食事・排泄などの介護を行っています。