いま、福祉職として注目を集める「児童発達支援管理責任者」。
通称「児発管」になるためにはどんなことが必要なのでしょうか。要件や資格、働ける施設をご紹介します!

児童発達支援管理責任者はできたばかりの制度

児童発達支援管理責任者という言葉を初めて聞くという方も多いと思います。
注目されつつある児童発達支援管理責任者とはどういったものなのか、複数回に分けてご紹介していきます。

児童発達支援管理責任者ができた経緯

2012年4月に「障害者自立支援法に基づく児童デイサービス」が児童福祉法に基づく障害児通所支援事業として、「児童発達支援センター」と「放課後等デイサービス」の2つのサービスに分割されました。

児童発達支援センターとは
障害を持った未就学児を対象にした通所訓練施設です
放課後等デイサービスとは
主に小学生以上から高校生までの通学している障害児が、放課後や土曜、日曜、祝祭日や夏休み、冬休みなどの長期休暇に利用する通所訓練施設です。

2012年4月の障害者自立支援法・児童福祉法の改正によって、民間企業や一般社団法人が児童発達支援センターや放課後等デイサービスへ参入しやすくなりました。

そのような中、児童福祉法の適切かつ円滑な運営の実現のために、児童発達支援管理責任者の職種が設けられました。
児童発達支援管理責任者研修では、支援の質を確保するために必要な知識や技能を有する人材の養成を目的としています。

放課後等デイサービスをおこなっている事業者が児童福祉法に基づく報酬(障害児通所給付費)を各支援者(市区町村)から受け取るためには、障害児通所施設事業者として、各都道府県又は政令指定都市から認可(指定)を受ける必要があります。

児童発達支援管理責任者の最低要件

要件を満たすには3つの方法があります。

1.相談支援業務経験から要件を満たすケース

対象の支援事業や施設で5年間以上の相談支援業務の実務経験が求められます。

相談支援業務とは
身体上・精神上の障害がある、もしくは環境上の理由により日常生活に支障がある方の自立に関して相談に応じ、助言、指導などの支援を行うこと

対象の支援事業※主な支援事業を紹介しています

  • 身体障害者相談支援事業
  • 知的障害者相談支援事業
  • 障害児相談支援事業
  • 市町村障害者生活支援事業

対象の施設※主な施設を紹介しています

  • 児童相談所
  • 発達障害者センター
  • 福祉事務所
  • 保健所
  • 市町村役場
  • 身体(知的)障害者更生相談所
  • 障害児入所施設
  • 老人福祉施設
  • 介護老人保健施設
  • 精神保健福祉センター
  • 地域包括支援センター
  • 障害者職業センター
  • 障害者雇用支援センター
  • 盲学校や聾学校

2.直接支援業務経験から要件を満たすケース

介護や福祉関連の資格を保有した上で、対象の施設で5年間以上の直接支援業務の実務経験が求められます。

直接支援業務とは
身体上・精神上の障害がある方に付いて入浴・排せつ・食事などの介護を行い、その方やその方の介護者に対して介護に関する指導を行うこと

対象の資格※主な資格を紹介しています

  • 介護職員初任者研修以上の上級資格
  • 保育士
  • 社会福祉士
  • 社会福祉主事任用資格
  • 児童指導員任用資格
  • 精神障害者社会復帰指導員

対象の施設※主な施設を紹介しています

  • 障害児入所施設
  • 障害者支援施設
  • 老人福祉施設
  • 介護老人保健施設
  • 療養病床
  • 老人居宅介護等事業
  • 障害福祉サービス事業
  • 障害者更生施設
  • 身体障害者療養施設
  • 障害者授産施設
  • 障害者福祉ホーム
  • 身体障害者福祉センター
  • 知的障害者デイサービスセンター
  • 知的障害者通勤寮
  • 精神障害者社会復帰施設
  • 病院・診療所
  • 薬局
  • 訪問看護事業所
  • 盲学校や聾学校

3.対象の国家資格等を保有し、従事経験から要件を満たすケース

対象の国家資格等による仕事に5年以上従事している、もしくは1か2の相談、直接支援業務について3年間以上の実務経験が求められます。

対象の国家資格等※主な資格を紹介しています

  • 医師
  • 歯科医師
  • 薬剤師
  • 保健師
  • 助産師
  • 看護師、准看護師
  • 理学療法士・作業療法士・言語聴覚士
  • 社会福祉士
  • 介護福祉士
  • あん摩マッサージ指圧師
  • はり師
  • きゅう師
  • 柔道整復師
  • 栄養士・管理栄養士
  • 精神保健福祉士

実務経験に加えて必要な研修の受講

児童発達支援管理責任者になるには上記の実務経験に加えて、「児童発達支援管理責任者研修」を受講が必要となります。
受講希望者が多く、講座が間に合っていない状況のため、2015年3月31日までに研修を受講することが決まっていれば、現段階で受講がまだでも良いという経過措置が取られています。

研修は都道府県が実施しています。研修の内容は相談支援従事者研修(講義部分2日間)と児童発達支援管理責任者研修(3日間)の2つあります。

編集者より

次回は児童発達支援管理責任者が勤務する児童発達支援センターや放課後等デイサービスについて詳しくご紹介していきます。

【児童発達支援管理責任者とは】
第1回 なるために必要なこと
第2回 勤務先について
第3回 研修について
第4回 事業所数・従事者数について

児童発達支援管理責任者の求人・募集情報について

介護福祉専門の転職サイト「介護のお仕事」は、介護系の求人のほかに、児童発達支援管理責任者の求人情報も多数掲載しています。
好条件の非公開求人も扱っておりますので、障がい児の療育に携りたい方、児童発達支援や放課後等デイサービスの児発管として働きたい方におすすめです。

「児童発達支援管理責任者」のお仕事の紹介をご希望の方は、こちらをクリック!

lab_jihatsukan

The following two tabs change content below.
介護のお仕事研究所

介護のお仕事研究所

介護職やケアマネなどの介護業界専門の転職支援サービス「介護のお仕事」です。「介護のお仕事研究所」は、現場で働く介護職のためのメディアとして運営しています。お役立ち情報や最新の求人情報は各SNSでも最新情報を受け取れます!
介護の非公開求人 介護職が足りません