介護職の方が活躍できる職場は、たくさんあります。それだけに、就職・転職の際に迷ってしまう方も多いと思います。今回は、介護職の皆さんがピッタリな職場を選べるよう、施設形態ごとのメリット・デメリットを解説致します!

施設形態別 メリット・デメリット

1. 特養(特別養護老人ホーム)

特養

特養のメリット・デメリット
特徴
身体・精神の障害により常に介護が必要な状態で、在宅介護が困難な高齢者が入居する施設。
メリット
・日中は看護師が常駐しているため、医療面の心配がない
・終の棲家として入所する方が多く、長期的なケアができる
デメリット
・介護度の高い入所者が多く、身体の負担が大きめ
・ケアが機械的・画一的・ルーティンワークになりやすい
給与の相場
平均月給17.40万円(最低:12万円/最高:23万円)/※弊社「介護のお仕事」公開求人より

目次に戻る
特養の求人を探す

2. 老健(介護老人保健施設)

老健

老健のメリット・デメリット
特徴
入院の必要がない高齢者が、リハビリや介護・看護を受けながら在宅復帰を目標に入所する施設。
メリット
・リハビリの成果で在宅復帰していく姿が励みになる
・医師、看護師、リハビリ職等、他職種間の連携を実感できる
デメリット
・運営主体の7割が医療法人。医療職の発言権が強い傾向がある
・一貫して在宅復帰・自立を目指すケアに、慣れない内は戸惑う職員も
給与の相場
平均月給17.12万円(最低:12万円/最高:25万円)/※弊社「介護のお仕事」公開求人より

目次に戻る
老健の求人を探す

3. 有料老人ホーム

有料

有料老人ホームのメリット・デメリット
特徴
「介護付」「住宅型」「健康型」の3種類に分かれ、入居者の条件はホームによって異なる。「健康型」を除き、概ね65歳~の自立から要支援・要介護の方まで幅広い方が対象。設置主体は主に民間企業のため、様々なニーズに対応し、サービスの種類も豊富。
メリット
・給与、教育制度が体系的に整っている職場が多い
・接客・サービス面のスキルを身に着けられる
デメリット
・方針により、利益重視・営業的側面が強い職場もある
・お客様として接することを期待する入居者が多く、接遇が重視される
給与の相場
平均月給18.74万円(最低:14万円/最高:25万円)/※弊社「介護のお仕事」公開求人より

目次に戻る
有料老人ホームの求人を探す

4. サービス付き高齢者向け住宅

サ高住

サービス付き高齢者向け住宅のメリット・デメリット
特徴
「サ高住」「サ付き住宅」とも呼ばれる。「高齢者住まい法」の改正により創設された、高齢者の安心を支えるサービスを提供するバリアフリー住宅。安否確認サービスと生活相談サービスを全入居者に対して提供する。介護サービスは、訪問介護として提供。
メリット
・自立~軽度の要介護者のみを対象としたり、認知症患者を受け入れない施設も多く、体の負担が少なめ
・一般的に敷地内併設の訪問介護事業所から訪問するため、移動が楽
デメリット
・医師、看護師は配置されない場合が多い
・同敷地内の建物に訪問する関係で、利用者や家族から突発的な用事を頼まれやすく、次の訪問に遅れがち
給与の相場
平均月給18.84万円(最低:14万円/最高:21万円)/※弊社「介護のお仕事」公開求人より

目次に戻る
サ付き住宅の求人を探す

5. グループホーム

グループ

グループホームのメリット・デメリット
特徴
軽度の認知症がある高齢者が、地域社会の中で少人数で共同生活をする施設。高齢者同士の自立支援を重視。
メリット
・9人以下という少人数制のため、目が行き届きやすい
・家庭的な雰囲気の中、入居者に向き合える
デメリット
・栄養士、調理師が配置されないため、家事支援が必須
・職員も少人数のため、夜勤1人体制の職場が多い。人間関係も濃密になりやすい。
給与の相場
平均月給17.91万円(最低:14万円/最高:25万円)/※弊社「介護のお仕事」公開求人より

目次に戻る
グループホームの求人を探す

6. デイサービス

デイ

デイサービスのメリット・デメリット
特徴
自宅で生活している要支援または要介護者を対象に、食事・入浴・機能訓練・レクリエーション等のサービスを提供。基本的に日帰りだが、介護保険適用外の宿泊サービスを提供する事業所も増加中。
メリット
・基本的に夜勤がない
・日曜、年末年始が休みの事業所が多い
デメリット
・レク中心の事業所では、企画力や、人前に出て盛り上げる素質が必要
・日勤のみ、かつ曜日固定の利用者が多いため、利用者個々人の状況把握が困難
給与の相場
平均月給18.00万円(最低:13万円/最高:26万円)/※弊社「介護のお仕事」公開求人より

目次に戻る
デイサービスの求人を探す

7. 訪問介護

訪問

訪問介護のメリット・デメリット
特徴
訪問介護員が利用者の居宅を訪問して、家事や身体介護を行うサービス。原則1人で訪問し、サービスを提供する。
メリット
・1対1でじっくり利用者に介護を提供できる
・非常勤求人は、働き方の融通がききやすい
デメリット
・原則1人で訪問するため、豊富な経験と判断力が必要。自己流の介護になりがち
・非常勤求人が7割と、正社員求人が少ない
給与の相場
平均月給18.65万円(最低:14万円/最高:23万円)/※弊社「介護のお仕事」公開求人より

目次に戻る
訪問介護の求人を探す

8. ショートステイ

ショート

ショートステイのメリット・デメリット
特徴
自宅で生活する要介護者を対象に、一時的な宿泊サービスを提供。要介護者は、介護老人福祉施設などに短期間入所する。
メリット
・比較的、要介護度が低い利用者が多い
・短期間でいかに満足させられるか、試行錯誤する醍醐味がある
デメリット
・リピーター以外は短期の一時利用のため、利用者の状態把握が困難
・家庭と同様、つきっきりの介護を要求する利用者・家族も多い
給与の相場
平均月給17.30万円(最低:13万円/最高:22万円)/※弊社「介護のお仕事」公開求人より

目次に戻る
ショートステイの求人を探す

9. 小規模多機能型施設

小規模

小規模多機能型施設のメリット・デメリット
特徴
自宅で生活をする要介護者に対し、通所を中心に、訪問・宿泊の3つのサービスを一体化して提供する。デイ・訪問・ショートステイのサービスを、慣れ親しんだ職員から受けられるため、利用者の安心感が大きい。
メリット
・1つの事業所で、デイ・訪問・ショートステイの業務を経験できるため、スキルUPに繋がる
・ケアマネジャー、看護師が身近にいるため、不安・疑問を相談しやすい(※常勤とは限らない)
デメリット
・24時間365日サービスを提供するため、夜勤がある
・利用者の当日の状況次第で予定を変える場合(デイ⇒訪問等)もあり、柔軟性が必要
給与の相場
平均月給17.34万円(最低:14万円/最高:21万円)/※弊社「介護のお仕事」公開求人より

目次に戻る
小規模多機能型施設の求人を探す

※施設・事業所によって、異なる場合があり得ます。

※給与の相場については、「介護のお仕事」2015年11月20日時点の公開求人データより、正社員/介護職・ヘルパー求人を対象に算出。事業所から提示される月給の下限額を基準に算出しているため、実態は底上げされる可能性が高いです。また、高給与求人の多くは非公開求人の中に眠っています。非公開求人のご紹介を希望の方は、「介護のお仕事」にお気軽にお問い合わせ下さい!

まとめ

やりたい介護希望する生活リズム将来的に目指したい方向等によって、施設形態の向き・不向きは変わってくるでしょう。こういった条件や方向性を整理して、優先順位をつけていく作業は大変ですよね。自分に向いている施設形態について、より詳しく知りたい方、客観的な意見を聞いてみたい方は、「介護のお仕事」にご相談下さい! 各事業所の仕事内容・待遇はもちろん、職場の雰囲気も詳しく把握する介護業界専門の転職コンサルタントが、あなたの強みを一番活かせる職場を、お探しします。

▼「介護のお仕事」はこちら▼
F-1-728x90

The following two tabs change content below.
介護のお仕事研究所

介護のお仕事研究所

介護職やケアマネなどの介護業界専門の転職支援サービス「介護のお仕事」です。「介護のお仕事研究所」は、現場で働く介護職のためのメディアとして運営しています。お役立ち情報や最新の求人情報は各SNSでも最新情報を受け取れます!
介護の非公開求人 介護職が足りません